A

Web標準に準拠したサイト制作

Web標準ってなに?

●ホームページ制作方法は変化している

 ひと昔前は、table要素(テーブルレイアウト)+HTMLで作成するのが主流でした。
 しかし、最近ではCSS(CSSレイアウト)+XHTMLで作成することが主流になっています。
 この作成方法は、沢山のメリットがありW3C(WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体)が推奨しております。

群馬,ホームページ制作会社,ウェブアップ

Web標準のメリット

●制作方法が変わると何が変わる?

 table要素+HTMLで作成されたWebサイトのほとんどが、色指定などのデザイン要素と文章が混ざった構成になっています。

 いっぽう、CSS+XHTMLで作成されたWebサイトは、デザイン部分をCSSが受け持ち、構造部分をXHTMLが受け持っています。

もともと、HTML要素にはそれぞれ与えられた役割があり、<h1>要素は見出しを意味し、<li>要素はリスト項目を意味するものです。

では<table>要素は?

 これは、表を意味するものなのです。ですから<table>要素だけで作成されたWebサイトはページ全体が『表』になってしまっているのです。

 このCSS+XHTMLというWeb制作方法をとることで、ページの中身に意味を持たせることが可能になります。
これは、次に説明するSEO対策に大きく関わってきます。

群馬,ホームページ制作会社,ウェブアップ

Web標準はSEOに有利

●CSS+XHTMLによるWeb制作のメリット

 CSS+XHTMLで作成されたWebサイトは、SEO対策に有効です。検索エンジンは、見た目を全く理解しません。なので、どんなにすばらしいデザインであっても検索エンジンには理解ができません。
 table要素+HTMLで作成されたWebサイトで、素晴らしいデザインのページを作ってもそれは『表』として認識されてしまいます。
すると検索エンジンは「見出しが無い。ページの構成が良く分からない。」と認識してしまい、SEO対策に不利となってしまうのです。

 これに比べて、CSS+XHTMLで作成されたWebサイトは、ページの構造がきちんとしていて、検索エンジンがページの中身を理解しやすいのです。
 すると検索エンジンは「どんなこと(キーワード)を重要視している内容なのか、分かりやすいWebサイト」と認識してくれ、SEO対策に有効となるのです。

群馬,ホームページ制作会社,ウェブアップ

ホームページ制作のご案内

SS

SS

ページトップへ